オリジナル特典付アイテムもいっぱい ≪タワーレコード オンライン≫

ベートーヴェン 交響曲全集 1950年代までの名盤

ベートーヴェン 交響曲全集名盤 1930年~60年代

ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)の最後の交響曲第9番が、初演されたのが、1824年のことです。

コンサートやレコード会社が、作曲家の生誕〇〇年とか没後〇〇年という冠で、コンサートを開催したり、レコードやCDをリリースするのは今も昔も変わりません。

ベートーヴェンにおいては、1924年が第九の初演から100年、1927年が没後100年となり、黎明期だったレコード業界は、積極的にベートーヴェン作品のレコード制作を始めました。

1909年からオーケストラの録音も開始されていましたが、第九のような大規模となるとなかなか難しいものがありました。

しかし、第九の初演から100周年の1924年には2種類のレコードが日本に輸入されていました。
その時代に活躍していた指揮者の録音は、いまでの多く聴くことが出来るのは嬉しい限りです。

このページでは、当時ベートーヴェン没後100年時点で、既にバリバリ活躍していた指揮者たちが1950年代までに録音したベートーヴェンの交響曲全集をご案内します。

ご案内する指揮者は、以下の6名です。

フェリックス・ワインガルトナー(1863-1942)
アルトゥーロ・トスカニーニ(1867-1957)
ブルーノ・ワルター(1876-1962)
オットー・クレンペラー(1885-1973)
ヴィリヘルム・フルトヴェングラー(1886-1954)
ヘルベルト・フォン・カラヤン(1908-1989)

ベートーヴェン: 交響曲全集 フェリックス・ワインガルトナー

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 、ロンドン交響楽団 、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

フェリックス・ワインガルトナー 、 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 、 ロンドン交響楽団 、 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 、 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

オーパス蔵以来の衝撃!ベートーヴェン・イヤーに送る PER ASPERA AD ASTRA 2020 (困難を超えて栄光に至れ) ワインガルトナー 世界初のベートーヴェン:交響曲全集+序曲集 2020年再生、マスタリング 極上音質で復活 高音質UHQCDにて登場!5枚組マルチケース(完全限定盤)

指揮:フェリックス・ワインガルトナー
管弦楽:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(第1、3、7、8&9番)
ロンドン交響楽団(第2番)
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(第4、5番)
ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団(第6番)
ソプラノ:ルイーゼ・ヘレツグルーバー
アルト:ロゼッテ・アンダイ
テノール:ゲオルク・マイクル
バス:リヒアルト・マイール
合唱:ウィーン国立歌劇場合唱団
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン 

==============================

ベートーヴェン・フェスティヴァル 1939

アルトゥーロ・トスカニーニ 、 NBC交響楽団

アルトゥーロ・トスカニーニ 、 NBC交響楽団

トスカニーニ1939年のベートーヴェン・ツィクルス トスカニーニ協会盤『未通針』LPからの丸ごと復刻。

何の説明も要らないトスカニーニ+NBC響、1939年10月から12月に行われたベートーヴェン・ツィクルス(ベートーヴェン・フェスティヴァルとして開催)。

NBC響とのコンビも3シーズン目を迎え蜜月であり、巨匠の手足となって迅速に呼応するNBC響の妙技が聞きものです。

70歳を少し超えたばかりのトスカニーニは気合体力充分。歌いまくってオーケストラを鼓舞します。

指揮:アルトゥーロ・トスカニーニ
管弦楽:NBC交響楽団
ソプラノ:ヤルミラ・ノヴォトナー
アルト:ケルスティン・トルボルク
テノール:ジャン・ピアース
バス:ニコラ・モスコーナ
合唱: ウエストミンスター合唱団
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

==============================

ベートーヴェン: 交響曲全集、ミサ・ソレムニス

アルトゥーロ・トスカニーニ 、 NBC交響楽団

アルトゥーロ・トスカニーニ 、 NBC交響楽団

20世紀のベートーヴェン演奏の規範を作りあげたトスカニーニによる定番の全集が、「ミサ・ソレムニス」を加えて登場。

20世紀演奏史に巨大な足跡を残した大指揮者アルトゥーロ・トスカニーニ。
この1949~1953年の録音は、20世紀が生んだベートーヴェン演奏の最高の規範と讃えられる名盤中の名盤。

トスカニーニのベートーヴェンは同じ時代のフルトヴェングラーの対極に位置する、贅肉をきっぱりと削ぎ落とした厳しい造形に、ラインのはっきりとした歌を乗せていくスタイル。

彫像を思わせる硬質で厳格な造型には、燃焼度の高い熱情が常にあふれ、強靭なカンタービレ表現と相まって熱いパトスは、世紀を越えてベートーヴェンの改革的な交響曲を伝えています。

指揮:アルトゥーロ・トスカニーニ
管弦楽:NBC交響楽団
ソプラノ:アイリーン・ファーレル、ロイス・マーシャル
メゾ・ソプラノ:ナン・メリマン
テノール:ジャン・ピアース、 ユージン・コンリー
バス:ノーマン・スコット、 ジェローム・ハインズ
合唱:ロバート・ショウ合唱団
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

==============================

ベートーヴェン:交響曲全集 ヴァイオリン協奏曲

ブルーノ・ワルター 、 コロンビア交響楽団

ブルーノ・ワルター 、 コロンビア交響楽団

ブルーノ・ワルターがその最晩年に、録音用に特別編成されたコロンビア交響楽団と録音したベートーヴェンの交響曲全集が復活。今回は交響曲9曲のほか、レオノーレ序曲第2番、コリオラン序曲とフランチェスカッティとのヴァイオリン協奏曲というベートーヴェン作品のステレオ録音を網羅した上、交響曲第4番・5番・7番・9番のリハーサル風景まで収録しています。

いずれも日本では日本コロムビアのLPでの初出以来、一度もカタログから消えたことのない定番中の定番。

名プロデューサー、ジョン・マクルーアの采配のもと、ハリウッドの音響効果豊かなアメリカン・リージョン・ホール(アメリカ在郷軍人会ホール)で、コロンビア・レコードのエンジニアたちが、アメリカのオケとは思えない馥郁たる響きを捉えたステレオ初期の名録音でもあります。 ソニー・ミュージック

SACD仕様でも出ています。
↓ ↓ ↓
 

ブルーノ・ワルター 、 コロンビア交響楽団(SACD)

指揮:ブルーノ・ワルター
管弦楽:コロンビア交響楽団
合唱指揮:ウォーレン・マーティン
合唱:ウエストミンスター・シンフォニック合唱団
ソプラノ:エミリア・クンダリ
メゾ・ソプラノ:ネル・ランキン
テノール:アルベルト・ダ・コスタ
バリトン:ウィリアム・ウィルダーマン
ヴァイオリン:ジノ・フランチェスカッティ
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

==============================

ベートーヴェン: 交響曲 & 序曲集

オットー・クレンペラー 、 フィルハーモニア管弦楽団

オットー・クレンペラー 、 フィルハーモニア管弦楽団

指揮:オットー・クレンペラー
管弦楽:フィルハーモニア管弦楽団 
ソプラノ:オーゼ・ノルドモ=レフベルイ
メゾソプラノ:クリスタ・ルートヴィヒ
テノール:ワルデマール・クメント
バリトン:ハンス・ホッター
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン 

==============================

The Beethoven Nine Symphonies ヴィルヘルム・フルトヴェングラー

The Beethoven Nine Symphonies ヴィルヘルム・フルトヴェングラー

フルトヴェングラーの、これは名盤?迷盤? あの「ベートーヴェン交響曲全集」(米オリンピック原盤) ついにCD化発売! 最初期LPのマスターテープ音質はまさに本物、極上! 1974年9月に米オリンピック・レコードから発売されたフルトヴェングラー史上初の「べートーヴェン交響曲全集」。

同年12月に日本のフォノグラムからも国内発売され、世界中のファンを驚愕させました。

当時発見されていなかった「第2番」が収録されていたためでもありますが、「サンフランシスコの研究家が秘蔵していた戦前のベルリン・フィルの放送用録音」と解説に書かれていたこの音源、

じつはエーリッヒ・クライバーの演奏であることが後年米「ハイ・フィデリティ」誌の調査で判明、この「全集」は再製造されることなく、"幻"の「全集」となりました。

 ==============================

Conducts the Complete Beethoven Symphonies

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー 、 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 、 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー 、 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 、 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

フルトヴェングラーのライヴによるベートーヴェン交響曲全集。

ウィーン・フィル(第1,2,4番)、ベルリン・フィル(第3,5,6,7,8番)、フィルハーモニア管(第9番)との演奏。

指揮:ヴィルヘルム・フルトヴェングラー
管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ハンブルク国立フィルハーモニー管弦楽団、 フィルハーモニア管弦楽団
合唱:ルツェルン祝祭合唱団
ソプラノ:エリーザベト・シュヴァルツコップ
アルト:エルザ・カヴェルティ
テノール:エルンスト・ヘフリガー
バス:オットー・エーデルマン
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

==============================

Beethoven: Complete Symphonies No.1-No.9 (1948-54)

Wilhelm Furtwangler(cond), BPO, VPO, etc

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、 シュトゥットガルト放送交響楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ベートーヴェンの神様ともいえる名演奏家が誰あろうフルトヴェングラーです。

当全集は、戦後、とくに巨匠の晩年の演奏に集中してセット化したもので、ますます深刻にデモーニッシュになっていった不世出の大指揮者フルトヴェングラー最晩年の最後の輝きが存分に味わえます。

シュトウットガルトとの第1番など正に傑作中の傑作と言えます。

指揮:ヴィルヘルム・フルトヴェングラー
演奏団体:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、シュトゥットガルト放送交響楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ソプラノ:イルムガルト・ゼーフリート
アルト:ロゼッテ・アンダイ
テノール:アントン・デルモータ
バリトン:パウル・シェフラー
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

==============================

ベートーヴェン: 交響曲全集 (アナログLP盤)

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー 、 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 、 ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団 、 バイロイト祝祭合唱団 、 バイロイト祝祭管弦楽団

フルトヴェングラー ベートーヴェン:交響曲全集 (アナログLP盤)

指揮:ヴィルヘルム・フルトヴェングラー
演奏団体:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団、バイロイト祝祭合唱団、バイロイト祝祭管弦楽団
演奏者:エリーザベト・シュヴァルツコップ、エリーザベト・ヘンゲン、ハンス・ホップ、オットー・エーデルマン
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

フルトヴェングラーのベートーヴェンに対する思いが伝わる名盤であり遺産!このアナログLP盤での音源は、2010-2011年にアビー・ロード・スタジオのエンジニアにより、オリジナル・ソース(78回転レコードのメタル・マスターまたはアナログ・テープ)の選定から行われ、96kHz/24bitにてリマスターされたものを使用。

180gアナログLP盤仕様。曲を詰め込まずに比較的余裕のあるカッティングとなっております(アナログ盤時代の全集は7枚組でした)。

==============================

ベートーヴェン: 交響曲全集と序曲集

ヘルベルト・フォン・カラヤン 、 フィルハーモニア管弦楽団

ヘルベルト・フォン・カラヤン 、 フィルハーモニア管弦楽団

指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
管弦楽:フィルハーモニア管弦楽団
演奏者:エリーザベト・シュヴァルツコップ、マルガ・ヘフゲン
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

カラヤン没後25周年記念完全限定盤《Karajan Official Rematered Edition》。

帝王ヘルベルト・フォン・カラヤンの没後25年の年にお届けするカラヤン芸術の精華。全て最新リマスター音源によりその豊麗な世界が更に輝きをまして登場!!大曲だけでなく、帝王カラヤンの聞かせ上手の天才ぶりが十全に発揮されています。

アビイ・ロード・スタジオによる、オリジナル・マスターテープから24bit/96khz最新リマスターによるボックスです。『交響曲第9番』では、ステレオ録音されていた音源が発見され、このたび初出収録される話題のBOXです。 

よしおです。クラシック音楽歴50年。
思えば、僕がベートーヴェンを聴き始めた中学生の時が生誕200年でした。
その間、LPレコードから、CDになり、そして現在はストリーミングが台頭してきています。
また演奏スタイルもじD時代と共に変化してきました。しかし、感動的な演奏というのはスタイルを超えていると思います。
ベートーヴェンを交響曲全集をまず50選をめざし、最終的には100選をめざしていきます。

© 2020 ベートーヴェン 交響曲全集 50選 rss